awsの運用代行の料金はどのくらいかかるのか

awsを使っていきたいと考えたときに運用をどうするかは大きな課題になります。導入まではできても運用を適切な形で行っていかなければawsのメリットは半減してしまうことは確かです。代行業者に依頼して運用してもらうケースが増えてきていますが、費用負担が気になる場合も多いでしょう。

料金はどのくらいかかるものなのでしょうか。

関連記事:aws運用のノウハウのご紹介

運用代行に任せられること

代行依頼をするときにはどのような業務を任せるかによって料金が異なるのが一般的です。awsの運用を代行してもらうときにも重要な観点なので、まずは運用代行業者にどんな業務を代行してもらえるのかを確認しておきましょう。

運用における基本的なサービスは構築されているクラウドサーバーを効率的に稼働し続けられるようにするためのPDCAサイクルを回していくことです。具体的には次のような流れになります。まずサーバー監視をすることによって障害対策をするのが基本です。

awsのメトリクスを取得して情報を蓄積していくことにより、異常なアクションが起こっていないかを監視します。そして障害が起こったときには担当者に通知をした上で、一次対応をするという仕組みが一般的です。二次対応以降にも対応していることも多く、場合によってはインスタンスを入れ替えることによってサーバーの障害を早急に回復させるという対応をしてくれることもあります。

この他にもリソースの状況を常に監視して割り当てを変更し、常に快適に使えるようなリソース配分を実現するのも代行サービスの一つです。awsでは提供されているサービスや通信の利用によって料金が発生する仕組みになっているため、課金額の監視も業者が行ってくれるのが通例です。

一定料金以上になったときにアラートを送ってくれる、あるいは強制的に課金できなくするといった対応を要求することができます。この他にもストレージなどのバックアップや、ソフトウェアのアップデートなども行ってもらえるのが一般的です。

このような形で多角的な監視業務を任せられるのが運用代行サービスの特徴です。そして、この監視や障害対応の履歴に基づいてより運用に適した監視環境や運用環境の設計や構築も任せることが可能です。自動対応可能な部分に関しては監視スクリプトを作成して自動で処理できるようにしてくれます。

リソース配分についても自動化して有人対応よりもスピーディーに状況に応じた配分をすることが可能です。運用の改善についてはawsの契約内容の見直しも含めた提案をしてもらえます。このような提案と合わせて、awsのサーバーを運用した内容に関するレポートを定期的に提出してくれるのが一般的です。

このようにサーバー運用の効率化も含めた幅広い対応をしているのが代行業者の特徴として知られています。

環境構築を任せられる業者もある

awsのサーバー運用を代行している業者ではしばしば環境構築から依頼を受けているところもあります。運用とは別に料金を支払わなければならないものの、構築から運用へという形で移行してもらうとスムーズな運用ができるのは明らかでしょう。

監視や運用も適切に行ってもらえる可能性が高くなるという点で魅力が大きいサービスです。特に社内エンジニアがいないような現場では環境構築は大きな課題になります。運用を代行してもらうのを前提にして環境構築も依頼するのが無難です。

運用代行にかかる一般的な初期費用と月額費用

運用代行を依頼するとどのくらいの料金がかかるのでしょうか。初期費用と月額費用に分かれているのが一般的で、目安としては初期費用が10万円程度、月額費用が2万円から10万円くらいです。料金体系が複雑な業者もあり、どのような代行サービスを依頼するかによって見積もりを取ってみなければはっきりとしない業者もあります。

明朗会計になっている場合でも詳しく相談して見積もりを取ってみると安くなることもあれば、高くなることもあるので気を付けましょう。およその相場としてこのくらいの金額になるという認識を持っておき、予算を立てる上での参考にするのが賢明です。

オプションを選ぶと高くなるので注意

運用代行を依頼するときにはオプション料金についても気を付けましょう。特に月額費用が安いというときには標準になっているサービスが少なめで、オプションとして追加しないと十分な運用体制を作り上げることができない場合があります。

特に監視内容については慎重に打ち合わせをしておくことが重要です。死活監視やディスク容量の監視のように当然の内容の場合には標準で含まれていますが、それ以上になるとオプションにしているケースもあります。監視項目が多いほどエンジニアの監視や運用の負担は大きくなるため、必要最小限のものを標準に含めておき、他はオプションで依頼してもらうという形にして標準料金を抑えていることも多いのです。

例えば、リソースの監視やトラフィックの監視はオプションになっていることがよくあります。サーバーのパフォーマンスの最適化を考えると重要な項目ではあるものの、運用上必須ではないというのも確かなので標準からは除外されている場合がほとんどです。

これを申し込まないと最適化のための提案をしてもらうこともできないので注意しなければならないでしょう。データベース監視やポート監視などもオプションになっていることがあるので確認してみる必要があります。

環境構築から依頼すると割安になることもある

料金についてもう一つ押さえておくと良いのが環境構築を依頼した場合にどうなるかです。初期費用の負担が大きくなることは否めませんが、月額費用については割引になることもあります。また、awsの運用のみの代行依頼した場合には初期費用の負担をしなければならないものの、構築費用を支払っているという点を加味して初期費用を免除してくれる業者もあります。

つまり、環境構築をする必要がある場合には料金的に考えても同じ業者に依頼するのが合理的なので、前向きに検討してみるのが大切です。

awsの運用代行は費用対効果が高い

awsの運用をするときには代行業者を選ぶと簡単に安心して運用できる体制を整えられます。社内エンジニアに任せるよりも柔軟性が低いのは確かですが、料金相場も決して高くはないので費用対効果は十分にあります。環境構築から任せることもできるため、エンジニアがいない会社でもスムーズにawsを導入して運用することが可能です。

関連《CloudCREW … クラウド運用代行》http://managed.gmocloud.com/managed/